イメージ画像

看護師が学校の保健室で働くためには資格が必要?

小さいころ小学校の保健室で保健の先生にお世話になり、将来は保健室で働きたいという夢を持っている看護師の方もいるはずです。 保健室で働くために必要な資格といえば、看護師資格や保健師の資格となります。

ただ、小中高校の保健室で働きたいという方の場合、養護教論の資格がないと就職するのはなかなか難しいといえるでしょう。

では、養護教諭免許を取得するためにはどうすれば良いのでしょうか。 指定の大学で養護教諭養成課程を修業するという方法があるのでご紹介しましょう。

すでに看護師資格を持っている方であれば1年以上文部大臣から指定されている養護教諭養成施設に在籍し、指定された単位を修得すれば養護教諭免許が得られます。

ちなみに、保健師の資格を持っている方であれば6ヵ月以上在籍して単位を修得すれば資格取得が可能です。

養護教諭免許を取得して働いている方の中には看護師や保健師の資格を持っていない方もいるのですが、そういった方に比べて専門的な知識を持っている看護師は非常に重宝されるといえるでしょう。

注意しなければならないのは、学校の保健室の求人は非常に募集が少ないことです。 そのため、せっかく養護教諭免許を取得したのにそれが活かせる職場が見つからないというケースもあります。

求人情報はハローワークなどではなく一般的に看護師専門の人材紹介会社から出る形となるため、人材紹介会社に出ている情報をチェックしましょう。

将来的に保健室の先生として働きたいと思っている方は、先に養護教諭免許の取得をするというのも一つの方法です。

それから、大学や専門学校の保健室ということであれば特に養護教諭免許は必要ないのですが、養護教諭免許を持っている方のほうが就職に有利であるため、取得を検討してみましょう。

どうしても学校の保健室の仕事が見つからないということであれば、企業の保健室や保育園看護師などのお仕事についてもチェックしてみるのがおすすめです。

このページの先頭へ